電通大夜間主卒→協力隊スーダン→秋田大医学部学士編入という少し変わった進路を歩んできた人のブログ

注:このブログは絶対続きません。ですのであまり情報量は多くならないと思います。。。おそらく私では何かと力不足だとは思いますが、それでももっと何か聞きたい、知りたいという方がいらっしゃれば、tomo0215あっとまーくlive.jpまで連絡頂ければと思います。

【職場の仕事を知る:農業機械部その2】

12月3日(水)【実働:7日目】

 

今日は村落開発部がKAIZEN(部屋のペンキを塗っていた)だったので

また農業機械部のアブー・バクルさんに農業機械の説明をして頂きました。

 

主に、トラクターにつけるアタッチメントのお話でした。

このカッサラ州農業省技術移転普及局の農業機械部の仕事は主に以下になります。

1、農業機械を、小さな農家に貸し出すこと。(耕うん機のアタッチメントは一日100ポンド、1000円くらいでした。)

2、農業機械を定期的にメンテナンスに出すこと

3、農業省で雇っているドライバーが畑を耕し、農家が仕事できる土台を作ること

4、FAOやJICAなどのドナーと連携協力すること。

 

だいたいこんな感じだそうです。

 

話は変わりますが、今日は公務員の給料日でした。

全員の分は知りませんが、約940スーダンポンド、日本円で9000円〜10000円ほどでしょうか。彼らいわくあんまり多くないそうです。

 

さらに、今日はJICAのカッサラ州基本行政向上プロジェクト(通称K-TOP)のリーダーである国際開発センター主任研究員の田中清文さんの最終日でした。壮行会には大臣や各省庁のトップも出席してました。

 

明日は何が起こるのか、、、楽しみです。