電通大夜間主卒→協力隊スーダン→秋田大医学部学士編入という少し変わった進路を歩んできた人のブログ

注:本ブログはほとんど更新されないので、情報も古いままです。また、提供できる情報も多くならないと思います。。。(←とは言いながらも一応書類選考の書類を載せました。)私の場合、お受験が素人なので、相当苦しんで受験しました。その際、色々な人に助けてもらいました。その恩返しの意味も込めて、私の情報も誰かの力になれば!そう思ってます。おそらく私では何かと力不足だとは思いますが、それでももっと何か聞きたい、知りたいという方がいらっしゃれば、tomo0215あっとまーくlive.jpまで(←意外と連絡を頂いてます。)

電通大夜間ってどんな人達がいて、どんな進路が待っているの?

気まぐれに編集します。

 

私が入学した時の2009年と、それ以降は学科編成等の関係でだいぶ学生のカラーが変わっているようです。

 

私が在籍していたときは、一言で言うと”昼と大きく変わらなかった”と言えます。ただ、学費は半額です。^^この恩恵は本当にありがたかったと思ってます。

 

学生層としては、高校卒業後すぐ来ている人が8割以上だった印象です。ストレートで来ている学生たちの中には、学費半額を目当てに来ている人、電通大夜間の良さを理解してきている人、昼間に稼ぎたい人、受験で失敗した人から、受験で色々受かったすごい人など。

ストレートではない人たち(←本来こっちが大学側が求める人材)は、プログラマー弁理士、薬剤師、メーカーの会社員、元自衛隊などなど本当に優秀な方々が多かった印象です。

 

卒業後は、昼の学生との区別は書類上全く関係ない(←今はわからないです)ので、昼の電通大生と同じように就活or大学院進学していた印象です。電通大の良さの一つに、就職率の良さがありますが、昼夜関係なく大企業からベンチャー起業まで色々なところに就職して活躍されています。どのような企業に行っているかは電通大HPを見ていただけたらわかると思います。業界にもよりますが、出世街道もしっかり歩んでいけると思います。